JMS 下肢

-下肢の関節の動作痛改善を図る-

●​​股、膝関節

『股関節・膝部』は、身体の中でも筋肉量が1番多い部位と言っても過言ではないでしょう。

その為『股関節・膝部』のアプローチは、

局所的な影響だけでなく効率良く全身に大きな影響を与えます。

前後・内外、左右の筋バランスを把握、調整する事も出来、使い勝手の良い技術です。


JMSは1つの筋肉に対し、骨との付着点である起始と停止を、
関節の動きを考慮しながら引き離す、質実剛健なストレッチングの技術です。


講義では、筋解剖、起始と停止を確認し、

筋の走行をイメージしながらストレッチングの実技を行います。
また、関節の動きを意識することでより効果性、効率性が高くなります。


また筋肉を伸ばすだけでなく、その方の身体の癖やその日のコンディションを
把握する事も出来る為、治療や運動の処方を考える際にも活用する事が出来ます。

●​​足関節

前脛骨筋・後脛骨筋・腓骨筋などの

 

ストレッチをかけにくい部位もしっかりとご紹介していきます。

 


普段伸ばさない部位をしっかりと伸ばすことで、

その効果を実感していただけると思います。


クライアント・選手の下腿の張りを何とかしたい。。。

捻挫後の可動域制限を何とかしたい。。。


足の効果的なコンディショニングを行いたいと思う方ぜひご参加ください!

© 株式会社Pflaste セミナー事業部 

  • Twitter Square
  • facebook-square
お問い合わせ