​川﨑接骨院WEBセミナー

 外傷を生業とする柔道整復師の技術を残し、そして、広げたい。それが高埜先生の考えです。

 この度WEBにて高埜先生が培った『外傷』への思いを動画や写真にて伝えていきます。

​ 新しい見地を確立したい方や外傷をもっと知りたい方は是非とも!

​*こちらはZoomというアプリを使ったセミナーとなります。

​〜こんな方にオススメです〜

・外傷治療の実際を知りたい

・柔整師外傷の新しい知見と治す技術を学びたい

​・X線やエコーの見方を勉強したい

​今後の開催について↓↓↓

(※単発受講可能)

川﨑接骨院WEBセミナーについて↓

 

講義の内容

 接骨院にはなかなか骨折や外傷の患者さんが来ないという環境の中で、外傷中心のセミナーを依頼されるとは思いませんでしたが、このたび風見先生からの熱いご依頼をいただき、僭越ながら、セミナーをさせていただくことになりました。

 

 当院では年間100例を超す骨折患者さんが来院されます。

医科においては手術適応の症例であっても、徒手整復と固定、その後の管理を適切に行うことで保存療法でも遜色なく治すことが出来ています。

 

 柔整師にしかできない外傷治療、医科の成績を上回る保存療法もあるのです。

 

 柔整師の存在意義はここにあるのだと強く思います。

 

 接骨院には外傷が来ないと言いましたが、他院(医科含む)で見逃されている骨折や靭帯損傷は多いです。

 

 骨折患者が来ないのではなく、実は見逃している例も多いのではないかと感じています。

 

 本セミナーでは、オペ適応の重症例よりも、上記のような【見逃されやすい外傷】や、

【論文や専門書には記述がない診断テクニックや治療法】

などについて、お話しします。

 日常よく遭遇する症例について、実際の映像や写真を紹介しながら解説していきます。

 テクニックだけでなく、それらの根拠となりうる医学論文なども紹介します。

・骨折の症例はほとんど経験したことがないが診れるようになりたい

・外傷は見ているけれど、深く教えてくれる人がいない

・エコーがあるが生かせていない

 

そのような方向けのセミナーにしたいと思っています。

 

 科学的に根拠のある治療法。整形外科業務の一分野ではないという柔整師としてのプライド。

 

 なによりも患者さんの為に、私たちにしかできない仕事ができる達成感。

 

真の意味で得られる信頼

 

ぜひ、本セミナーで手に入れてください。

6月19日(土)19:30〜20:30

第2回

肘の臨床

見逃されやすい上腕骨顆上骨折、橈骨頸部骨折(微細な骨折を可視化する)

8月21日(土)19:30〜20:30

第3回 

肩の臨床

肩関節前方脱臼に対する外転位整復法

10月16日(土)19:30〜20:30

第4回

足の臨床

前距腓靭帯付着部骨折(腓骨側、距骨側)の診察テクニックと治療法

12月18日(土)19:30〜20:30

第5回 

膝の臨床

外傷性関節血症の見かた(臨床所見、エコー、MRI)

 

2022年 2月19日(土)19:30〜20:30

第6回

​特別講義

​未定

金額:

料金 各3,300円  (税込)

*こちらはお申し込み者限定でアーカイブ配信(セミナー後限定配信)を行います。当日見逃した方やもう一度聞きたい方に向けたサービスです。
期間は1週間となります。


お申し込みは

「こちらをクリック」

takano.jpg

講師:高埜 康則

(たかのやすのり)

【略歴】

平成12年 早稲田大学社会科部社会科学科 卒業

平成15年 大東医学技術専門学校

柔道整復科 卒業

平成26年 帝京平成大学大学院 健康科学科

柔道整復専攻 修士課程修了

 

平成12年~ 仁木整形外科医院

平成16年~ 川﨑接骨院

平成17年~ 帝京平成大学 ヒューマンケア学部

身体機能ケア学科 トレーナー・整復技術専攻 助手

平成20年~ 帝京医学技術専門学校

柔道整復学科 非常勤講師

平成21年~ 帝京短期大学 ライフケア学科

柔道整復専攻 助教

 

現職

帝京短期大学 ライフケア学科 助教

川﨑接骨院 副院長

川越救急クリニック 臨床研修